2012/06/28

フラッシュブログパーツ設置チュートリアル

■今回は、特殊なフラッシュブログパーツの設置チュートリアルです。
 ブログパーツの中には、フラッシュファイルを自分のサイトにアップロードしてから使わなければならないものもあります。コレの仕組みを単純に理解しておこうというコーナー。
■詳細




●まず最初にチェックしなければならないのが、ブログパーツを設置したいブログが、そのタイプのブログパーツの設置をOKしているかどうかです。

 ブログのヘルプやFAQなどで、「アップロード出来るファイル」を確認しておきます。
 JPG、GIF等のファイルはご存知でしょうか?これは、画像のファイル。例えば、「http://ネコ画像.jpg」なんて感じの、アレです。これはほとんどのブログパーツでアップロードできます。
 こう言った、画像やフラッシュのファイルですよというマークは予め決められていて、「拡張子」と呼ばれます。フラッシュの場合は「SWF」というファイルになります。

 ご自身の使っているブログの、アップロード可能な拡張子の中にこの「SWF」も含まれている場合は、次のステップに進みましょう。


■仕組み



●自分が今、どういう作業をしているかを理解すれば、分からないことがあっても、検索などで調べることができます。

 まずは普通のブログパーツの仕組みを理解しておきます。
 普通のタグを設置するだけのブログパーツは、タグの中に、「ブログパーツ配布サイト」の「ブログパーツ用フラッシュファイル」を閲覧しなさい。という命令文が含まれています。
 つまり、自分のブログから、相手のサイトの特定のファイルを閲覧する、引用するということです。いわゆる「直リンク」のことです。

 今回の場合のブログパーツは、そのブログパーツ配布サイトのフラッシュファイルに直リンクをするのではなく、そのフラッシュファイルを自分のサイトに入れてから(アップロードしてから)使おうということです。

 メリットは、相手サイトのサーバー(コンピューター)の状況に左右されないということがあります。相手サイトが調子が良かろうが悪かろうが、相手サイトを閲覧することなく自分のブログ内で、すべて事が完結してしまうからです。
 ブログパーツを配布する相手のサイトも、ブログパーツを設置してくれた膨大な数の利用者のサイトからのフラッシュファイルへのアクセスがなくなるため、サーバーへの負担がなくなるというメリットもあります。


■設置


 普通のブログパーツでは、カスタマイズが終わったら、タグが発行されて、それを設置するだけでした。
 今回のようなブログパーツの場合は、それに、もう少し手順が加わります。

①ブログパーツをカスタマイズする。

②カスタマイズしたフラッシュファイルを、自分のパソコンにダウンロードする。

②そのダウンロードしたフラッシュファイルを、自分のブログにアップロードする。

④タグが発行される、或いは、タグの作り方のチュートリアルがある。それを自サイトに設置。


 つまり、ファイルを自分のサイトにアップロードするという手順が加わります。

 で、ちょっと難しいのが、タグを自分で作りなおさなければならないということです。

 どこどこのファイルを閲覧しなさい。という命令文がタグには含まれています。その、「どこどこの」という部分を、「自サイトのアップロードがすんだフラッシュファイル」に、書きなおさなければならないのです。
「htt://~~~.swf」という部分です。
 アップロードがすんだとき、そのファイルを「プレビュー」すれば、ブラウザのアドレスバー(パソコン画面の上の方、http://~~~~と書かれている部分)に「http://~~~.swf」と出ていれば、それがフラッシュファイルのアドレスとなります。

 ブログパーツ配布サイトにあるタグ、タグ内の「ココを変えてください」という部分を、このアドレスに置き換えて、自分のブログに貼りつければ、晴れて完成となります。